〜絵を描きたいけど、何を描けばいいの?〜

そもそもあなたが絵を描きたいのは、なぜ?何のために描くの?アトリエ*メンバーは、全員、ちゃんと心に刻んで制作に取り組んでいます。風景画が描きたい、お花が描きたい、水彩画が描きたい、、、その前に!考えて欲しいことがあります。ここをスルーして表面の技量だけを気にして、絵具を乗せているだけの空っぽの絵を描いている人がとても多い。だから私は、初レッスンで必ずメンバーに伝えます。

「描きたいテーマは何ですか?」それこそが制作で最も重要だからです。アートは自己表現。モチーフはその手段のひとつ。父からもらった50年ほど前の本に、とても好きな一節があり、たまに開いてはそこを読み返します。『モチーフは出来るだけ身近なものを選んだ方が良い。絵画芸術はあくまで自分の内的生命の表現である。モチーフは媒介物に過ぎない。身近でよく見、よく感じ、よく分かっているものの方が、自分の想いを託しやすい。』(アトリエ/静物画のいろいろな表現技法/花を描く/清原啓一)

あなたの身近なものは何ですか?筆を持つ前に、絵具を買う前に、周りを見渡して、愛でるものをしっかり観察してみましょう。クロッキーブックと鉛筆一本あれば大丈夫です。仕上がりなんて気にしなくて大丈夫です。これがアーティストの第一歩です。

Follow me!